Voice 先輩の声

仕事のやりがいや仕事を通して
学んだことなど、
琉薬で働く
先輩社員たちに聞いてみました。

Voice先輩の声

第一営業部 二課
村上 賢之介

就職活動で訪れた際、活気のある社内の雰囲気と定着率の高さで琉薬に入社を決めました。実際入社してもその印象に間違いはなかったですね。
今は中部エリアの医療施設を担当しています。小さなことでも自分に声をかけていただき信頼関係を築き、そのことがきっかけで営業実績につながったりしていることが嬉しいですね。

先輩たちが取引先の方々から高い評価を得ていることを社外で実感しています。その信頼を継承して高められるよう、がんばっています。


第一営業部 一課
宮良 彩子

就職活動では、営業職に就きたくて何社も訪問しました。その中でも職場の明るい雰囲気という点で、私には琉薬が一番でした。
現在、営業担当をもって八ヵ月ぐらいなのでまだ勉強中ですが、お得意様のニーズを考慮しながら医薬品メーカーと協力して新薬の受注につながったことは嬉しかったですね。

医療機関の多い地区の担当なので、急な配達など迅速な対応も必要です。話しやすい先輩方に教えていただきながら臨機応変な対応を心がけていきたいです。


第一営業部 二課
比嘉 啓介

営業職を志望していたこともあり、すぐに担当先を持てることとアットホームな社風に惹かれて入社しました。
実際部活のような雰囲気があり、外から疲れて社内に戻っても、上司や周りの方々と話すことで仕事の疲れも解消できています。
病院や薬局に伺うことで学ぶことも多いのですが、生命に関わる責任のある仕事です。一人でも多くの方の役に立ちたいと思っています。

医薬品の卸業では県内トップシェアです。その信頼と実績に誇りをもって働くことができます。


第一営業部 四課
嘉数 健

姉が看護師だったことから、医療関係の仕事がしたい!との思いがあり琉薬へ入社しました。
北部エリアの病院や動物病院、歯科、薬局を担当しています。高齢者の多い地域特性を踏まえながら、僕の提案したお薬が患者さんの症状の改善につながり「孫の運動会に行きたい」とか、そんな小さな夢のお手伝いができると嬉しいですね。

少しでも医療に貢献できるところがこの仕事の魅力です。もっと、ドクターや医療関係者のよきパートナーになりたいと思っています。